フーレセラピー施術パターン

「フーレセラピーのサロンを開業しました!」

と、お友達やお知り合いに連絡をしたとき

「そもそも、フーレセラピーとはなんぞや?」と聞かれることがありました。

 

 

そうですよね…

アロマセラピーやタイ古式マッサージなどのメジャーな用語とは違って

『フーレセラピー』はあまり馴染みのない言葉です。

 

私は偶然フーレセラピーサロンを見つけたので、10年前に知りましたが

もしあのとき会社近くのマッサージ屋さんを検索していなかったら

『フーレセラピー』という単語を一生知らないままだったかもしれません。

 

私がフーレセラピーを知ったきっかけの話↓

 

フーレセラピーというのは、足の裏の“面”を使って

全身のリンパや筋肉を刺激し、溜まった老廃物を流す

ボディケア・マッサージ(※ 国家資格ではありません)の一種です。

 

『フーレ(Foulee)』はフランス語で『足踏み』

『セラピー(Therapy)』は英語で『癒やし』

言語の違う2つの言葉を合わせた造語が『フーレセラピー』です。

全部フランス語で言うならば『フーレテラピー(foulée thérapie)』が正しいですが 笑

 

フランス語と英語を使っているのに、主に東洋医学の概念も勉強します 😆

 

『足踏みマッサージ』『足圧マッサージ』というオリジナルの名称や、

万葉の湯の『足流癒術』でフーレセラピーを知ったという方もいらっしゃいました。

名前は違いますが、同じ施術です。

 

当サイトの『フーレセラピー』ページ

フーレセラピーについて詳しく書いておりますので

続きはそちらをご覧いただければ幸いです。

 

フーレセラピーの施術方法はこのような感じです↓

フーレセラピー施術

フーレセラピー施術 フーレセラピー施術

 

足裏、脚全体、お尻、腰、背中、肩、首、頭、顔の側面、腕、手のひら……

どこもかしこも、足で踏みます。

 

手を使って圧すことはありません。

 

この、足で踏まれるのがいいんです(力説)

 

手の3~4倍の圧ですが、決して痛くはなく

手で圧されるよりスッキリします。

 

アロマ&フーレセラピーサロン『インフィールド』では、

お客様のツラい部分、スッキリしたい部分に応じて

施術パターンを決めていきます。

 

足のむくみ・足の疲れが著しい方は『脚全体コース』

肩コリ解消したい方は『上半身コース』

腰痛がきつい方は『お尻・腰コース』

巻き肩・スマホ首・猫背で背中が痛い方は『背中コース』

などなど、お客様のお悩み部分に応じてコース決めをしていきます。

 

クイックコース30分の施術コースもありますので、

「時間はないけれど、今すぐ足を軽くしたい」という方にもご対応いたします。

 

フーレセラピー施術

 

施術パターンシートをご覧になり、

わたし専用の施術パターン”を一緒に探しましょう。

テキストのコピーはできません。