ローズマリー軟膏 アロマテラピー検定やアロマコーディネーターの試験勉強をしている方には

お馴染みの、ローズマリーで作る美容液『ハンガリアンウォーター』。

別名『ハンガリー王妃の水』。

 

 

70歳を越えたハンガリー王妃にローズマリーで作ったハーブウォーターを

痛み止めとして献上したところ、

痛みも消え、シミ・シワも消えたことから見た目が若返ったため

隣国の20代の王子からプロポーズされたという中世ヨーロッパの伝説があります。

 

見た目が若返ったから”という理由だけでプロポーズされたのかどうか

本当のところは分かりませんが(そもそも伝説なので) 😂

こちらの逸話は、JAAでもAEAJでも『アロマの歴史』で試験出題範囲なんです。

ローズマリーの効能を語る上で欠かせないのでしょうね。

 

 

上記の逸話以来『若返りのハーブ』と呼ばれるローズマリー。

 

ローズマリーに含まれる『ウルソール酸』という成分が

加齢の影響などで崩壊したコラーゲン線維を改善させる作用があるので、

シワに効果的なのは科学的にも実証済です。

 

ウルソール酸は、真皮レベルのシワにも効果があるというので

肌年齢が上がってきたと感じる方にはありがたい成分ですよね 😊

 

乾燥肌にも効果を発揮するようなので

顔のシワだけでなく、冬場のカサカサかかとなどにも塗ると良いそうです。

これからの季節に活躍間違いなしです✨

 

 

と、いうワケで

ウルソール酸たっぷりのローズマリーチンキと

それを使ってローズマリー軟膏(クリーム)を作ることにしました。

 

 

庭でもりもり育ったローズマリーをたくさん収穫して、

ローズマリーチンキ

 

ローズマリーをレンチンし、乾燥させてカリカリにします。

茎から葉だけを取り、無水エタノールに漬け込みます。

ローズマリーチンキ

漬け込んですぐに、このような緑色のローズマリーエキスが抽出されます。

 

1ヶ月ほど寝かせれば『ローズマリーチンキ』のできあがりです。

漬け込んだ当初より黒っぽい深緑色になります。

 

 

ローズマリーチンキができあがったら、

今度はローズマリー軟膏(クリーム)作りです。

 

【ローズマリー軟膏(クリーム)の材料】

  • ローズマリーチンキ 40cc
  • ワセリン(ドラッグストアに売っています) 40g
  • ミツロウ(少し固めにするため) ひとつまみ(目分量です)

 

今回は、リップクリームスティックの容器に入れるために

少し固めにする必要があったので、ミツロウを加えましたが

ジャータイプの容器に保存する方は、ミツロウなしで大丈夫ですよ。

その場合、テクスチャはワセリンそのものな感じになります。

 

 

【作り方】

ローズマリーチンキとワセリンを1:1の容量にしたものを

沸騰したお湯で湯煎し、チンキのアルコールを飛ばす。

アルコールが完全に飛んだら、容器に移して冷やし固める。

これで、完成!

 

 

アルコールを飛ばす作業に時間が掛かるので、

いつものアロマクラフトのように『あっという間』ではありませんが、

手順自体は少なく、簡単に出来ます。

 

ちなみに私は40cc&40gとかなり多めに湯煎に掛けたため

アルコールを飛ばすのに1時間くらいかかりました 💦

 

少量ずつ湯煎すれば、こんなに時間はかからないと思います。

 

湯煎をすると、表面にアルコール分がシュワシュワと泡になって出てきます。

それが完全になくなるまでかき混ぜ続けます。

 

泡がなくなったら、香りを嗅いでアルコール臭がないことを確認しましょう。

アルコール臭がある内は、アルコールがまだ残っていますので

根気よくかき混ぜてアルコールを完全に飛ばしてください。

 

 

そして出来上がった液体を

リップクリームスティック容器に流し入れ、冷やし固めて完成です。

以前ご紹介したアロマリップクリームと同じ要領です。

ローズマリークリーム

スティックタイプなので、少しずつ繰り出して塗っています。

 

作ったローズマリー軟膏を

目の下の小シワ、目尻の小ジワ、頬の肝斑やシミに塗り続けています。

 

唇の乾燥にも良いそうですが、

香りが強いので、口に塗るのはちょっと躊躇してしまいます💦

 

最近、目の周りの小ジワが増えてきて

ちょっと笑うの控えたほうがいいかな😂」などと思っていたのですが

ローズマリー軟膏を塗り続けていたら

いつの間にか小ジワがなくなっていました✨

 

専門機関による研究結果によると

ほうれい線も薄くなるそうですので、

そちらにも塗ってみようと思います。

 

 

ひとつ問題なのは、

クリームの緑色が顔にハッキリと付着してしまうため、

私は寝る前に塗っているのですが

香りが強烈なので、目が冴えてしまうことです 😭

 

ローズマリーは集中力を高める香りですので

寝る前には合わないんですよ。

 

ご使用になる方は、ご注意くださいませ。

テキストのコピーはできません。