フーレセラピー勉強

フーレセラピストは、卒業検定を受けて合格したらそこで終わりではありません。

(そこで終わりの方もいると思います)

卒業後も引き続き学校に行って、たくさん勉強できる機会があります。

 

 

先日は、学科の講習がありました。

 

骨、筋肉、細胞、血液、リンパ液のことから

兪穴(背中のツボ)、足裏の反射区のことまで、

ボディケア・リンパマッサージをする上で必要な知識を勉強できました。

 

フーレセラピー勉強

筋肉の『起始・停止』ポイントや、

骨のどの部分にどのように筋肉が付いているかなど、

今まで “なんとなく” でしか知らなかったことを

詳しく勉強できて楽しかったです 😃

 

○○二頭筋”、“○○三頭筋”などの数字の意味も

今回の授業で初めて知りました。

どんな言葉にも意味がちゃんとあるのですね 😲

 

頭痛・肩コリ・五十肩・胸痛・腰痛・関節痛・便秘・慢性疲労

月経異常・生理痛・冷え性・むくみ…などなど、

よくある症例の『なぜそのような症状が発生するか』ということも

詳しく教えてもらえました。

 

ついでにダイエットのお話も。

太るメカニズムや、どうすれば健康的に痩せられるかなど

自分自身が普段の生活で役立ちそうな情報をいただきました。

 

ゲートコントロールセオリー』のお話も興味深かったです。

 

ゲートコントロールセオリー(説)とは、

身体に複数の痛みがあるとき、最も強い痛みの部分のみを感じてしまうことです。

 

私自身、フーレセラピーを受けていて

肩が痛いので、その辺を中心にお願いします」とオーダーして

終わった後、確かに肩は軽くスッキリしたのですが

なぜか「今度は背中が痛い」となることがよくあり、

せっかくほぐしたのに、何故なんだろう…痛みが移動した?と思っていましたが、

これこそが『ゲートコントロール説』だったのかと、分かりました。

 

自分自身が気付いていなくても、

そのとき一番「調子悪いな」と思う箇所以外に

不調な部分があるかもしれません。

 

そうなると、

身体全体をフーレするのが、一番良いですね 👣

 

お身体全体をフーレセラピーするのには、120分ほど掛かります。

もしも、不調の箇所が複数あると感じられる場合は

120分コースをご体験されてみてくださいね。

 

 

 

子供の頃、学校での勉強は大嫌いでしたが

大人になってから自分の興味のある分野の勉強をするのは

本当に楽しいものです 😉

 

これからも勉強を続け、フーレセラピーの施術に活かしていきますね ✍

テキストのコピーはできません。