抗ウイルス精油

過去に人類は何度も疫病と戦ってきました。

ペスト(菌)、黒死病(近年はペストとは別のウイルスと言われています)、エボラ出血熱(ウイルス)、SARS(ウイルス)、結核(菌)などなど。

そして、今回は新型コロナウイルス(COVID-19)

 

 

COVID-19に感染していても免疫力が強く、

発症していない人・軽症で気づかない人はたくさんいるのだと思います。

 

しかし、海外旅行帰りだとか高熱(37.5℃~)が出ていないと

PCR検査が受けられないのが現状です。

 

自分の身体がどのような状況なのか知りたくても、

病院に行くのも憚られます。

 

私は、花粉症であること以外は元気ですが

実際のところはどうなのか分かりません。

なんせ、ほぼ毎日満員電車に乗っていますので。

 

こんな状況でも、私も含め多くの方が出勤しています。

電車の中は密度が高いですが、ほとんどの方はマスクをしていますし

誰も大声で話していないので、まだ大丈夫なのかな……と思っています。

 

本来は危ない行為ではありますが、電車内では手すり・つり革に掴まらず

電車の揺れには、足踏みセラピーで鍛えた体幹と足腰の強さのみで耐えています。

 

ウイルスに対する自己防衛としては、

朝晩&外出からの帰宅後は検温、アズレンでのうがい、のどスプレーでの消毒

ミューズでの手洗い乳酸菌ドリンクの摂取を欠かさず

除菌シートでの拭き掃除、部屋の換気を欠かしません。


消毒&抗炎症!アズレンのうがい薬

 

そして、何よりも欠かせないのが

抗ウイルス作用のある精油を使っての芳香浴です。

※うさぎのいる部屋では精油芳香浴をやっておりません

ペットと一緒に暮らしている方は精油のご使用にご注意ください!!

 

 

最近は、就寝時のアロマディフューザーを使っての芳香浴に加え

ユーカリ・グロブルス×ローズマリー・シネオール×ラベンダーの精油を混ぜた

アロマバスソルトを作って、お風呂での芳香浴もしております。

完全に薬草風呂のような香りがします。

アロマバスボム作り

 

おかげさまで、すこぶる調子が良いですし

「大丈夫かな?なんか不安だな……」とストレスを抱え込まなくて済みます。

 

ご興味がある方は、ローズマリー・シネオール×ユーカリ・グロブルス×ラベンダーの

アロマバスソルトを作ってみてくださいませ😊

 

なぜ『ユーカリ・グロブルス×ローズマリー・シネオール』なのか

理由は後述します(カタカナが多く若干専門的な話になります)。

 

また、ローズマリーもユーカリも作用が強いため、

使用してはいけない方(高血圧・妊娠中など)がいらっしゃいます。

それもエントリーの最後に書きますので、ご覧くださいませ。

 

【手作りアロマバスソルトレシピ】

抗ウイルス・抗感染に!

ユーカリ・グロブルス、ローズマリー・シネオール、ラベンダーのアロマバスソルト

 

【材料】

  • エプソムソルト:100g
  • 重曹:20g(炭酸ガス発生用なのでなくてもOK)
  • クエン酸:10g(炭酸ガス発生用なのでなくてもOK)
  • ユーカリ・グロブルス精油:2滴
  • ローズマリー・シネオール精油:4滴
  • ラベンダー精油:14滴

 

 

【作り方】

エプソムソルト・重曹・クエン酸をよく混ぜ、

その中に各精油を決まった敵数入れて更によく混ぜる。

 

上記のレシピは精油濃度1%です。

ブレンドファクター計算済の数値です。

精油を入れすぎると肌がかぶれますので、ご注意ください!

また精油の原液が直接肌に触れないよう、ご注意ください。


生活の木 アロマオイル ローズマリー・シネオール 精油 10ml


生活の木 アロマオイル ユーカリ・グロブルス 精油 10ml


生活の木 アロマオイル ラベンダー(フランス産) 精油 10ml

 

ユーカリには、

『ユーカリ・グロブルス』『ユーカリ・ラディアータ』『ユーカリ・シトリオドラ』などの種類があります。

 

ローズマリーには、

『ローズマリー・シネオール』『ローズマリー・カンファー』『ローズマリー・ベルベノン』などの種類があります。

それぞれ、主成分に違いあります。

 

今回使うのは

『ユーカリ・グロブルス』と『ローズマリー・シネオール』です。

 

 

なぜ、ユーカリ・グロブルス&ローズマリー・シネオールの精油を使うのか。

それは、精油の成分が関係します。

 

 

アロマセラピー・アロマテラピーの勉強をするときに

必須項目として習う『精油の歴史』。

 

中世ヨーロッパでペストが大流行したときに

今のようにたくさんの方が犠牲になり、外出自粛・禁止状態でした。

 

そんな中で、精油を使って香水を作る工場で働いていた人たち

革製品のニオイ消しで精油を使っていた革職人たちなど、

精油(100%植物由来)を扱う職業の人がペストに罹りにくかったことから

精油の効能が見直され、ヨーロッパ全体にアロマテラピーが広がったとされています。

 

植物が持つ力を抽出したものが『精油(エッセンシャルオイル)』です。

植物の成分がものすごく濃縮されています。

 

中でも抗ウイルス作用のある精油は、たくさんの種類があります。

抗ウイルス作用のある精油のリストはこちらのエントリーにて↓

» インフルエンザ等ウイルス予防に!手作りアロママスクスプレーの話

 

中でもオキサイド類『シネオール』成分含有の精油には強い抗ウイルスがあり、

他成分との相乗効果で更に作用が強くなると言われています。

 

最も効果的なのは、

シネオールモノテルペンアルコール類(モノテルペノール)との相乗効果です。

 

オキサイド類シネオールには、

  • 抗ウイルス作用
  • 抗菌作用
  • 抗カタル(粘膜炎症)作用
  • 去痰作用

などがあり、主に呼吸器系トラブルに有効です。

 

オキサイド類シネオール(1.8シネオール)含有の精油で代表的なものは

こちらです↓

  • ユーカリ・グロブルス
  • ローズマリー・シネオール
  • ラヴィンツァラ(ラヴィンサラ・シネオール) ※ラベンサラとは別物です

抗ウイルス精油

 

相乗効果が見込めるモノテルペンアルコール類には、以下の作用があります。

  • 抗ウイルス作用
  • 免疫調整作用
  • 強壮刺激作用
  • 抗真菌(カビ)作用
  • 抗菌殺菌作用

モノテルペンアルコールは、

感染源が身体に侵入してたき時に免疫力を上げる作用があり

今の時期に欠かせない成分のひとつです✨

 

モノテルペンアルコール類が30%以上含有されている精油の一部は以下です。

※お求めやすい価格のモノを選んでいます

  • ゼラニウム(50~70%)
  • ペパーミント(40~50%)
  • マジョラム(40~50%)
  • ラベンダー(30~50%)
  • ティーツリー(30~45%)

 

ユーカリもローズマリーも作用が強い精油のため、

禁忌(避けなければいけない)があります。

 

以下の状態・症状・持病がある方は、

ユーカリやローズマリー精油の使用をお控えください(使わないでください)。

 

高血圧の方

  • ローズマリー・シネオール / ユーカリ・グロブルス

月経過多の方

  • ローズマリー・シネオール

てんかんの方

  • ローズマリー・シネオール / ユーカリ・グロブルス

妊娠初期の方

  • ローズマリー・シネオール

妊娠中の方

  • ローズマリー・シネオール / ユーカリ・グロブルス

乳幼児

  • ユーカリ・グロブルス(ユーカリ・ラディアータはOK)

 

 

使用量や使い方を守って、上手に精油を生活に取り入れ

未知のウイルスから身体を守りましょう😊

テキストのコピーはできません。